【広島県景観会議】 瀬戸内海、しまなみ、中国山地をはじめとする美しい自然景観、田園や集落の落ち着いた景観、魅力ある都市景観など、優れた景観を守り、育てるため、ふるさと広島の持つ優れた景観を県民に広く伝え、これらの景観を保全し、景観づくりの気運を高めます。
ホーム ≫ 受賞作品一覧 ≫ 第14回 広島県景観会議 景観づくり大賞
広島県景観会議
この会議は、優れた景観の保全と創造を図るため、平成5年に設立されました。
第14回 広島県景観会議 景観づくり大賞

●地域活動の部

 最優秀賞  「シバザクラの里乃振興組合」

 

所在地:東広島市豊栄町
特 色:傾斜地の圃場整備に伴い、大規模な畦畔が数多く造成された。この畦畔等の法面の植生管理は、草刈機によって行われてきたが、担い手の高齢化などにより困難になってきた。その対策として、畦畔等法面に防草シートを被覆し、シバザクラを植栽した。これにより、法面の省力管理と景観美化を図ることができた。国道375号線などから展望するシバザクラの開花状況は、素敵な景観である。

 

 

 

 

●地域活動の部

 優秀賞  「三次町歴みち協議会」

 

所在地:三次市三次町
特 色:当地区は白壁と黒瓦の明治・大正期に建てられた町家が数多く残り、「うだつ」のある歴史的景観を有する街並みが残っている。地域住民において、まちなみ協定(建築協定)を締結し、歴史的街並みの整備を推進するための関係者との調整及び街路整備や修景工事補助の公共事業との連携を行っている。

 

 

 

●地域活動の部

 会長奨励賞  「尾道大学ゴミ部」

 

所在地:尾道市久山田町
特 色:尾道市の景観を損ねるゴミを取り除き、良好な景観にするために、尾道市内の不法投棄現場や、大学構内周辺の美化・通学路のゴミ拾い等を行っている。活動内容は自分たちで決め、自発的に運営し活動している。同じ場所に再度ゴミが捨てられるのを防ぐために,尾道市の協力を得て不法投棄現場に桜を植樹し,投棄されないような工夫をしている。

 

 

 

 

●ふるさと景観写真の部

 最優秀賞  「剣先水路、時の流れ 」

 

撮影場所:府中市目崎町
撮影者: 鳥井 洋志さん(府中市)
コメント:古い街並み(水路)の土壁がゆるやかな時の流れを感じさせている。

 

 

 

●ふるさと景観写真の部

 最優秀賞  「しまなみ海道の夜明け」

 

撮影場所:三原市竜王山
撮影者:藤原 敏明さん(三原市)
コメント:夜明けのうす明かりの中で浮かび上がってくる瀬戸の島々。遠くには四国の街の光も見えます。写真にアクセントをつけるため天気がくずれる前の朝焼けの朝をねらい、朝焼けの赤色が海面に反映する一瞬をねらいました。四国へと続くしまなみ海道はやはり広島を代表する風景だと思います。

 

 

広島県景観会議事務局 大竹市 建設部 都市計画課
〒739-0692 広島県大竹市小方一丁目11番1号
TEL 0827-59-2167  FAX 0827-57-7149
E-mail toshikei@city.otake.hiroshima.jp
担当者 中川 英也
【広島県景観会議】 瀬戸内海、しまなみ、中国山地をはじめとする美しい自然景観、田園や集落の落ち着いた景観、魅力ある都市景観など、優れた景観を守り、育てるため、ふるさと広島の持つ優れた景観を県民に広く伝え、これらの景観を保全し、景観づくりの気運を高めます。