【広島県景観会議】 瀬戸内海、しまなみ、中国山地をはじめとする美しい自然景観、田園や集落の落ち着いた景観、魅力ある都市景観など、優れた景観を守り、育てるため、ふるさと広島の持つ優れた景観を県民に広く伝え、これらの景観を保全し、景観づくりの気運を高めます。
ホーム ≫ 受賞作品一覧 ≫ 第13回 広島県景観会議 景観づくり大賞
広島県景観会議
この会議は、優れた景観の保全と創造を図るため、平成5年に設立されました。
第13回 広島県景観会議 景観づくり大賞

●地域活動の部   

 最優秀賞   「 吉名奥山友の会

 

所在地:竹原市吉名町
特 色:平成7年から3年間を費やして、荒廃した奥山の登山道(遊歩道)約1500mの整備を行った。以降、毎年定期的に山道の整備、周辺の除伐等森林整備や山林いる。また、毎年元旦には、初日の出竹原三山の一山として、「初日の出を迎える集い」を竹原市民に呼びかけている。

 

 

 

●地域活動の部

 優秀賞   「 石州街道・出口地区まちづくり協議会 」

 

所在地:府中市出口町
特 色:「生活からの視点に立った、歴史を生かしたまちづくり」を目標に、イベントや勉強会を通じて古き良き物を上手に使いながら、住んでいる人が楽しく暮らせるまちづくりを目指している。平成14年度から始めた首無地蔵の大祭に合わせたフリーマーケットの開催や、平成16年度から始めたホタル祭りも定例化しつつある。 

 

 

●ふるさと景観写真の部 

 優秀賞   「 月光 」 

 

撮影場所: 呉市下蒲刈町三之瀬
撮影者: 新宅 哲雄
コメント: 近年、瀬戸内海も松喰い虫や塩害で枯れていく中、この小島のように、小さな岩の環境の厳しい状況の中で、何十年も生き続けている松を見て、いつも感動しています。昼の風景もすばらしいのですが、この度は月光を入れて、いつまでも生き続けてほしいと思いながらシャッターを切りました。 

 

 

●ふるさと景観写真の部 

 最優秀賞   「 暮らしの坂道 」

 

撮影場所: 三原市木原町赤石
撮影者: 吉原 和喜
コメント: 木原町は南を瀬戸内海に面した温暖な地です。ミカンの栽培が盛んで、近くに県立農業技術センター果実研究所があります。傾斜地が多く、人の暮らしは坂道のなかにあります。家は石垣の上に築かれ、道は人が歩ける程度の幅です。部分的に、軽自動車がぎりぎり通過できる箇所があり、「勝手知ったる」地元の人たちだけが、巧みに余裕で、運転していきます。

 

 

 

 

広島県景観会議事務局 大竹市 建設部 都市計画課
〒739-0692 広島県大竹市小方一丁目11番1号
TEL 0827-59-2167  FAX 0827-57-7149
E-mail toshikei@city.otake.hiroshima.jp
担当者 中川 英也
【広島県景観会議】 瀬戸内海、しまなみ、中国山地をはじめとする美しい自然景観、田園や集落の落ち着いた景観、魅力ある都市景観など、優れた景観を守り、育てるため、ふるさと広島の持つ優れた景観を県民に広く伝え、これらの景観を保全し、景観づくりの気運を高めます。